So-net無料ブログ作成

iPhone101入門 [iPhone]

アップルが翻訳しているiPhone開発関連のドキュメントで
http://developer.apple.com/jp/iphone/library/japanese.html
に「アプリケーションチュートリアル」が登録されている。PDFファイル名は「iPhone101.pdf」。
「101ワンオーワン」の意味は「入門」ということ。大学の学部の1年生が取る科目からきている。「101」という単語で、GoogleやBingで探せば、いろいろな入門書が出てくるはずだ。
たとえば、「西洋人に取ってシンガポールはアジアへの101だ(Singapore is Asia 101)」というように使う。

次の本は、全ページカラーで、Xcodeも3.2が基本となっている解説書。索引を入れて700ページくらいあるのに、安い。

Sams Teach Yourself iPhone Application Development in 24 Hours

Sams Teach Yourself iPhone Application Development in 24 Hours

  • 作者: John Ray
  • 出版社/メーカー: Sams
  • 発売日: 2009/10/25
  • メディア: ペーパーバック


白黒で薄いのは、

iPhone SDK 3: Visual QuickStart Guide

iPhone SDK 3: Visual QuickStart Guide

  • 作者: Duncan Campbell
  • 出版社/メーカー: Peachpit Press
  • 発売日: 2009/10/09
  • メディア: ペーパーバック


がある。
Objective-Cも含めた入門書としては

Cocoa and Objective-c: Up and Running

Cocoa and Objective-c: Up and Running

  • 作者: Scott Stevenson
  • 出版社/メーカー: Oreilly & Associates Inc
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: ペーパーバック


が良さそう。著者のブログ(http://theocacao.com/)の雰囲気が良い。また、

Beginning MAC Programming: Develop With Objective-c and Cocoa

Beginning MAC Programming: Develop With Objective-c and Cocoa

  • 作者: Tim Isted
  • 出版社/メーカー: Pragmatic Bookshelf
  • 発売日: 2010/02/15
  • メディア: ペーパーバック


というのも出てくる。

タグ:iPhone
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0