So-net無料ブログ作成
教科書 ブログトップ
前の5件 | -

知らないことがたくさんある [教科書]

当たり前なんだけど、このままで終わってしまうと思うと、情けない。
最近、ある統計関係の文書を眺めていたら
  繰返し加重最小二乗法 (IRLS: Iterative Reweighted Least Squares)
https://en.wikipedia.org/wiki/Iteratively_reweighted_least_squares
という用語があった。

Rなら
https://www.rdocumentation.org/packages/msme/versions/0.5.3/topics/irls
らしい。Wolfram言語には実装されているのか?
https://reference.wolfram.com/applications/eda/
http://reference.wolfram.com/language/guide/StatisticalModelAnalysis.html
ずいぶん昔に買った本。

統計学入門 (基礎統計学Ⅰ)

統計学入門 (基礎統計学Ⅰ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 1991/07/09
  • メディア: 単行本


今の時代なら、次のような本の方が良いのだろう。

データサイエンスのための統計学入門 ―予測、分類、統計モデリング、統計的機械学習とRプログラミング

データサイエンスのための統計学入門 ―予測、分類、統計モデリング、統計的機械学習とRプログラミング

  • 作者: Peter Bruce
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2018/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


Wikipediaは統計のポータルがある。
https://en.wikipedia.org/wiki/Portal:Statistics
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2週間ぶりに駿河台に行った [教科書]

いつもなら、三省堂に行くのだけど、夕方になったので御茶ノ水の丸善立ち読み。
「今度こそわかる」のシリーズだけど、この本はちょっと趣向が違う。

今度こそわかる重力理論 (今度こそわかるシリーズ)

今度こそわかる重力理論 (今度こそわかるシリーズ)

  • 作者: 和田 純夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


帰宅の電車は通勤時間帯になってしまった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昔読んだはずの教科書 [教科書]

貧しい学生生活を送っていた時、じっと部屋にこもって本を読むことが多かった。そして、いつもインスタントコーヒーを飲んでいた。月に1回、ケーキを買ったが、相変わらずインスタントコーヒー。
さて、ある本の参考文献に薄い英語の本が挙げられていた。図書館で探すと、ある学科の助手の先生の研究室にあることがわかった。気さくな先生だったので、本を借りて、もちろんコピーした。その本も、理工系の本では当たり前の誤植が目立つ本だったが、コツコツと計算しながら読んで、先生の書き込みがあったので、自分の計算とも比較することができて便利だった。今、その本を、ちゃんと買って、読み返しみてた。果たして、私は、その当時、自分が思ったように理解していたのだろうか。別の先生から借りた本は、全く歯が立たなかった。
このまま何も知らずに人生を過ごして行くことを避けなければ。

神は老獪にして…-アインシュタインの人と学問

神は老獪にして…-アインシュタインの人と学問

  • 作者: アブラハム パイス
  • 出版社/メーカー: 産業図書
  • 発売日: 1987/02/01
  • メディア: 単行本



不確定性―ハイゼンベルクの科学と生涯

不確定性―ハイゼンベルクの科学と生涯

  • 作者: デヴィッド・C. キャシディ
  • 出版社/メーカー: 白揚社
  • 発売日: 1998/05/01
  • メディア: 単行本



数学の読み方・聴き方 森毅の主題による変奏曲(上)

数学の読み方・聴き方 森毅の主題による変奏曲(上)

  • 作者: 梅田 亨
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 単行本



数学の読み方・聴き方 森毅の主題による変奏曲(下)

数学の読み方・聴き方 森毅の主題による変奏曲(下)

  • 作者: 梅田 亨
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベイズ確率と量子力学 [教科書]

図書館で借りてみた。

QBism 量子×ベイズ――量子情報時代の新解釈

QBism 量子×ベイズ――量子情報時代の新解釈

  • 作者: H. C. フォン・バイヤー
  • 出版社/メーカー: 森北出版
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: 単行本


まず量子力学の概説は、いろいろな人が色々な考えで説明するが、しっかりしていると思う。統計についても、うまい説明だ。そして、ベイズ統計と量子力学へ。いつも不満に思うのは、なぜみんなシュレーディンガー方程式をつかうのか。これは単に非相対論的近似だろ。そして、なぜ場の量子論の言葉で、議論しないのか。場の量子論で観測問題を議論した、日本人のものは、探せばあるんだけど。友永たちが、どっかに書いていた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

借りていた本を返しに行ったついでに桜を見る [教科書]

借りていた本は、

量子力学―非相対論的理論 (1) (ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)

量子力学―非相対論的理論 (1) (ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)

  • 作者: レフ・ダビドヴィチ・ランダウ
  • 出版社/メーカー: 東京図書
  • 発売日: 1983/01/01
  • メディア: 単行本



量子力学―非相対論的理論 (2) (ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)

量子力学―非相対論的理論 (2) (ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)

  • 作者: エリ・ランダウ
  • 出版社/メーカー: 東京図書
  • 発売日: 1983/01/01
  • メディア: 単行本


出版社が販売をやめた本を無料で公開すれば良い。出版社ば販売権を放棄しているだけで、そのままの公開は著作権を侵害していない、のではないか。
英語訳
Quantum Mechanics (Non-Relativistic Theory) Course of Theoretical Physics , Volume 3, Third Edition

Quantum Mechanics (Non-Relativistic Theory) Course of Theoretical Physics , Volume 3, Third Edition

  • 作者: L D Landau
  • 出版社/メーカー: Butterworth-Heinemann
  • 発売日: 1981/01/15
  • メディア: ペーパーバック


の役者の一人はJ. S. Bellだ。
Speakable and Unspeakable in Quantum Mechanics: Collected Papers on Quantum Philosophy

Speakable and Unspeakable in Quantum Mechanics: Collected Papers on Quantum Philosophy

  • 作者: J. S. Bell
  • 出版社/メーカー: Cambridge University Press
  • 発売日: 2004/06/03
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 教科書 ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ