So-net無料ブログ作成
教科書 ブログトップ
前の5件 | -

借りていた本を返しに行ったついでに桜を見る [教科書]

借りていた本は、

量子力学―非相対論的理論 (1) (ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)

量子力学―非相対論的理論 (1) (ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)

  • 作者: レフ・ダビドヴィチ・ランダウ
  • 出版社/メーカー: 東京図書
  • 発売日: 1983/01/01
  • メディア: 単行本



量子力学―非相対論的理論 (2) (ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)

量子力学―非相対論的理論 (2) (ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)

  • 作者: エリ・ランダウ
  • 出版社/メーカー: 東京図書
  • 発売日: 1983/01/01
  • メディア: 単行本


出版社が販売をやめた本を無料で公開すれば良い。出版社ば販売権を放棄しているだけで、そのままの公開は著作権を侵害していない、のではないか。
英語訳
Quantum Mechanics (Non-Relativistic Theory) Course of Theoretical Physics , Volume 3, Third Edition

Quantum Mechanics (Non-Relativistic Theory) Course of Theoretical Physics , Volume 3, Third Edition

  • 作者: L D Landau
  • 出版社/メーカー: Butterworth-Heinemann
  • 発売日: 1981/01/15
  • メディア: ペーパーバック


の役者の一人はJ. S. Bellだ。
Speakable and Unspeakable in Quantum Mechanics: Collected Papers on Quantum Philosophy

Speakable and Unspeakable in Quantum Mechanics: Collected Papers on Quantum Philosophy

  • 作者: J. S. Bell
  • 出版社/メーカー: Cambridge University Press
  • 発売日: 2004/06/03
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

教育市場へ [教科書]

日本関係だと Z会か。
IMG_2973.jpg
関連資料には、近大附属高校が紹介されているようだ。他にもiPadを活用している学校などはあるだろう。日本のハードウェアメーカーと共同でビジネスをしている会社は、どうするか、それとも変わらないか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつもながらの地方空港 [教科書]

山口宇部空港から羽田へ。
IMG_2967.jpg
空がかすんでいるので、富士山もこんな感じ。
IMG_2970.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ACMのチューリング賞はヘネシーとパターソン [教科書]

有名な教科書も書いている。当然、何度か買ったことはあるが、読まずに古本屋に売ってしまった。

ヘネシー&パターソン コンピュータアーキテクチャ 定量的アプローチ 第5版

ヘネシー&パターソン コンピュータアーキテクチャ 定量的アプローチ 第5版

  • 作者: ジョン・L・ヘネシー
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2014/03/18
  • メディア: 大型本



コンピュータの構成と設計 第5版 上

コンピュータの構成と設計 第5版 上

  • 作者: ジョン・L. ヘネシー
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2014/12/06
  • メディア: 単行本


この著者のことを知ったのは、当時お世話になっていた方に、

コンピュータ・アーキテクチャ

コンピュータ・アーキテクチャ

  • 作者: デイビッド・A. パターソン
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 1994/02/19
  • メディア: 単行本


を勧められたからだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

理工学の書籍を売るとしたら、やはり明倫館か [教科書]

思い切って整理を始める。結局読まなかった本。まさか日本語訳が出るとは思わなかった本。消息不明になった知り合いに勧められた本。まだ何か自分でもできるかと希望があった頃の本。そして、図書館で借りることができる本(しかし、その図書館に4往復すると、本が買えるくらいの交通費)。
廃棄するのは、30年くらい前の資料などか。ソフトウェアの資料やコンファレンスの資料だ。これらを日本で持っている人はいないかもしれないけど、開発元にはあるだろう。個人でアーカイブすることはないと思う。スキャンして残しておきたいもの、幾つかある。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 教科書 ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ