So-net無料ブログ作成
検索選択
物理学 ブログトップ
前の5件 | -

LIGOのデータ分析のチュートリアル [物理学]

LIGOが3つめのブラックホール合体から発生した重力波を見つけた.そこで,LIGOのホームページには,こういうの
https://losc.ligo.org/tutorials/
があるから,ためしに,こうして
スクリーンショット 2017-06-03 19.02.11.png
みた.

重力波とはなにか 「時空のさざなみ」が拓く新たな宇宙論 (ブルーバックス)

重力波とはなにか 「時空のさざなみ」が拓く新たな宇宙論 (ブルーバックス)

  • 作者: 安東 正樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: 新書



重力波・ブラックホール―一般相対論のいま (別冊日経サイエンス 215)

重力波・ブラックホール―一般相対論のいま (別冊日経サイエンス 215)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/10/22
  • メディア: ムック



科学技術計算のためのPython入門 ――開発基礎、必須ライブラリ、高速化

科学技術計算のためのPython入門 ――開発基礎、必須ライブラリ、高速化

  • 作者: 中久喜 健司
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



科学技術計算のためのPython―確率・統計・機械学習

科学技術計算のためのPython―確率・統計・機械学習

  • 作者: Jose Unpingco
  • 出版社/メーカー: エヌ・ティー・エス
  • 発売日: 2016/12
  • メディア: 単行本



Pythonによる科学技術計算 基礎編 [リフロー版]

Pythonによる科学技術計算 基礎編 [リフロー版]

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/02/16
  • メディア: Kindle版



線形代数(1): Pythonによる科学技術計算 実践編

線形代数(1): Pythonによる科学技術計算 実践編

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

出版社の編集者の方と一緒に久しぶりに物理学者とランチ [物理学]

ずいぶん前にお世話になった方とランチをする.最初にお会いしたのは30年蔵前か.一昨年に一度ご挨拶をして以来だ.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりにリーマン予想とエネルギー準位の話題 [物理学]

Hamiltonian for the Zeros of the Riemann Zeta Function
Carl M. Bender, Dorje C. Brody, and Markus P. Müller
Phys. Rev. Lett. 118, 130201 – Published 30 March 2017
https://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.118.130201
複素数の入力から実数を得るのが量子力学なので,エネルギー準位がζ関数のゼロ点に対応する系を探すことか.このやり方で,証明できれば,フェルマの定理を証明する物理系はあるかも.量子楕円曲線って名前がつくか.
この本

Ten Physical Applications of Spectral Zeta Functions (Lecture Notes in Physics New Series M)

Ten Physical Applications of Spectral Zeta Functions (Lecture Notes in Physics New Series M)

  • 作者: Emilio Elizalde
  • 出版社/メーカー: Springer-Verlag
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: ハードカバー


は持っていたのだけど,知人にあげしまった.第2版が出ている.

Ten Physical Applications of Spectral Zeta Functions (Lecture Notes in Physics)

Ten Physical Applications of Spectral Zeta Functions (Lecture Notes in Physics)

  • 作者: Emilio Elizalde
  • 出版社/メーカー: Springer
  • 発売日: 2012/06/07
  • メディア: ペーパーバック




Zeta Functions, Topology and Quantum Physics (Developments in Mathematics)

Zeta Functions, Topology and Quantum Physics (Developments in Mathematics)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Springer
  • 発売日: 2005/07/15
  • メディア: ハードカバー



Frontiers in Number Theory, Physics, and Geometry I: On Random Matrices, Zeta Functions, and Dynamical Systems

Frontiers in Number Theory, Physics, and Geometry I: On Random Matrices, Zeta Functions, and Dynamical Systems

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Springer
  • 発売日: 2006/08/18
  • メディア: ハードカバー



Random Matrices, Volume 142, Third Edition (Pure and Applied Mathematics)

Random Matrices, Volume 142, Third Edition (Pure and Applied Mathematics)

  • 作者: Madan Lal Mehta
  • 出版社/メーカー: Academic Press
  • 発売日: 2004/11/16
  • メディア: ハードカバー





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タイトルが「世界でもっとも...」とか「世界で一番...」という本 [物理学]

どうでもいい感じがして手に取ることもしないのだけど.この本は別だ.

世界でもっとも美しい量子物理の物語――量子のモーメント

世界でもっとも美しい量子物理の物語――量子のモーメント

  • 作者: ロバート・P・クリース
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/02/16
  • メディア: 単行本


翻訳のタイトル名に騙されないようにしなければ.学部の授業が元になっているので,重要な論文はきちんと引用されていて信頼できる.良いとなと思っても,結局,他書からの引用だけで済ませている本が多い.たとえば,

目に見える世界は幻想か? 物理学の思考法 (光文社新書)

目に見える世界は幻想か? 物理学の思考法 (光文社新書)

  • 作者: 松原 隆彦
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/02/15
  • メディア: 新書


本書も宇宙論者や素粒子論者の物理の見た方であるので,凝縮系や物性などの話題が少ないなど,偏っているとおもう.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブラーエの観測データをディープラーニングしたら [物理学]

コンピュターは,周点円をを増やせば(フーリエ級数で近似),いくらでも予測の精度を上げることができる天動説を導くか,それともモデルとしては単純だが予測精度では劣るコペルニクスを導き出すのか,それともケプラーの法則をみつけるのだろうか.そこから,ニュートンの法則も見つけることができるのか.あるいは分光データからディープラーニングしたら量子力学を発見できるか.

法則や方程式は,実際の現象をみるよりも早く結果を予測するための精度が高く,道具だ.実際の現象を予測するのに,同じ時間がかかれば予測にならない.そういえば,小学校の頃,友達が「タイムトラベルできる」と言って,「1秒後の世界へタイムトラベル」と叫んで,実践した.

科学の発見

科学の発見

  • 作者: スティーヴン ワインバーグ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/05/14
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 物理学 ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ