So-net無料ブログ作成
検索選択
Mathematica ブログトップ
前の5件 | -

ノートブックとは [Mathematica]

iPYthonやJupyterでノートブックが,普通のユーザーインタフェースとして広まっていると思う.しかし,ノートブックは,Theo GrayがNeXTとMacのMathematicaで実現したものであることは,広く知られていないかも.
https://www.datacamp.com/community/blog/ipython-jupyter#gs.h0XjH3s
このTheo Grayだけど,Wolfram Researchを離れて久しい.

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)

  • 作者: Theodore Gray
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2010/05/24
  • メディア: 大型本



世界で一番美しい元素図鑑

世界で一番美しい元素図鑑

  • 作者: セオドア・グレイ
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2010/10/22
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

32ビットは廃止? [Mathematica]

次の次のmacOSからは,32ビットのアプリケーションは,動作しなくなるんだっけ? とすると,Mathematicaのフロントエンドも? 
32bit.png
Linux版なんて,古い古いQtで作っているんじゃなかったけ?フロントエンドを作り直しているとは思うが,そのころのコンピューティング環境は,どうなっているのか.iPad Pro版が出ているのでは.

macOS High Sierra For Dummies

macOS High Sierra For Dummies

  • 作者: LeVitus
  • 出版社/メーカー: For Dummies
  • 発売日: 2017/11/06
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バージョンの違いか,環境の違いか [Mathematica]

Mathematica10.4で,同じコードを実行したのだけど,あれ,おかしいなぁ.以前は問題なかったのに.
Mma02.png
Mma01.png
ヘルプも実行するとエラーがでる.キャッシュのクリアか,リスタートすればよいのかな?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Mathematicaバージョン11.1での新機能 [Mathematica]

まだ,日本語訳がないので,英語のまま眺めてみる.
http://reference.wolfram.com/language/guide/SummaryOfNewFeaturesIn111.html
さまざまなデータを処理するための,巨大なシステムだ.

Hands-On Start to Wolfram Mathematica: And Programming with the Wolfram Language

Hands-On Start to Wolfram Mathematica: And Programming with the Wolfram Language

  • 作者: Cliff Hastings
  • 出版社/メーカー: Wolfram Media Inc
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: ペーパーバック



Toolbox for the Mathematica Programmers

Toolbox for the Mathematica Programmers

  • 作者: V. Z. Aladjev
  • 出版社/メーカー: Createspace Independent Publishing Platform
  • 発売日: 2016/04/14
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Mathematicaを電卓として使っている人はWolframAlphaで十分だ. [Mathematica]

昔よく売れたと思われる,「はやわかりMathematica」から,幾つか例を拝借してみた.
はやわかりMathematica 第3版

はやわかりMathematica 第3版

  • 作者: 榊原 進
  • 出版社/メーカー: 共立出版
  • 発売日: 2010/03/24
  • メディア: 単行本


13ページのパラメトリックプロットは,コマンド名を入力すると,解説が出てくる.
p13.jpg

40ページは少し工夫が必要だ.WolframAlphaがexprの最初の三文字を指数関数と思ってします.p40.jpg
というわけで,Apartには,そのまま式を入れる.
p40-1.jpg
グラフのプロットも,ごく普通.ここは45ページの例から.
p45.jpg

46ページのような連立方程式も簡単に
p46.jpg
47ページのルートオブジェクトは表示されなくて,数値解が求まる.
p47.jpg

不定積分と定積分は,Mathematicaと同じように.ただし計算時間がかかると,途中で打ち切られるはずだ.50ページの例だとxについての積分だと,断る必要はない.
p50.jpg
しかし,51ページの不定積分は,xの範囲が理解できないと,
p51.jpg
xについての積分範囲を示すと,
p51-2.jpg
ちなみに不定積分だと.
p51-3.jpg

つぎは55ページの例を扱う.
p55.jpg
となって,xの範囲が渡されていない.メッセージが出るが,右下のアイコンをクリックしてオンラインのMathematicaを呼び出す(これはバージョン11.1の機能か?)と.
p55-1.jpg
やはり,xの範囲がわたされていないので,手で入力する,
p55-3.jpg

Mathematicaのコマンドの命名規則に従って,大文字を使っているが,小文字でも大丈夫だと思う.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - Mathematica ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ